メニューへジャンプ 本文へジャンプ

このページはTOPの中の行事・報告の中の論文募集のページです。

論文募集

投稿要領
投稿規定

石油技術協会誌は60年以上にわたる発行を続けており、日本の石油開発技術において権威のある学術誌です。年6回(奇数月)発行されています。

独創性、新規性がある研究で、日本における石油開発技術の向上に寄与するものを求めます。協会会員であれば誰でも投稿できます。また、同時に報告、資料、解説などの原稿も募集しています。詳しい分類については投稿要領を参照してください。
さて原稿が掲載されるまでの流れは次の様です。

原稿が掲載されるまでの流れ

原稿の受け付け

原稿は「原稿整理票」とともに編集委員会事務局に提出するか、編集委員に託してください。

Excelファイルこちらからダウンロード (Excel ファイル)

査読

編集委員会で原稿の技術分野に詳しい専門家を査読者に選定し,査読を依頼します。

編集委員会で審査

年6回開催される編集委員会で査読意見を元に原稿を審査します。

著者への照会、著者による修正

修正の必要な箇所などについて著者に照会します。

編集委員会で確認

著者による修正が正しく行われたかを確認し、受理の可否を決定します。

印刷所への入稿

受理された原稿は,現代表記に基づいて漢字の使い方などを改めた後,印刷所に入稿されます。
なお,刷り上がりがきれいになるよう,図の表現法(細かいハッチ,グレーの地など)を直してもらうことがあります。

校正

著者校正と編集委員による担当者校正を行います。

原稿受け付けから発刊までに要する時間

編集委員会開催日と受付日とのタイミング,修正作業の程度,原稿のストック数,年3回続けて出版されるシンポジウム特集号との兼ね合いなどによって,それぞれ異なりますが,投稿論文の特集号である第64巻第3号(1999年5月)の場合で,8か月〜14か月となっています。

より詳しい内容は投稿要領のページをご覧ください。

過去に掲載された論文の一例

第79巻(2014年)は下記論説・総説などが掲載されています。

  • 反射法地震探査データの減衰特性を利用した断層シール能力評価の試み
  • 陸上屈曲二次元地震記録を用いたフルウェーブインバージョンの適用
  • 日本海最上部第四系コアの珪藻化石層序および珪藻起源の黒色粒子とその古海洋学的意義
  • 長野県北部フォッサマグナ地域における原油・天然ガスの地球化
  • 新潟県小千谷油田周辺における油・ガスの移動・集積
  • 砂岩の多孔質弾性パラメータにおけるTerzaghi の有効応力依存性−来待砂岩とBerea 砂岩を例として−
  • 西山−中央油帯および片貝ガス田における流紋岩質貯留岩の二次孔隙と変質作用について
  • 磁性流体を用いた岩石中の孔隙ネットワーク定量分析−岩石磁気データの石油探鉱への応用−

他、春季講演会シンポジウム講演・秋季講演会講演など掲載。

ページのTOPへ